011717.jpg

LINEを正しく使いましょう。

011717.jpg
LINEは今や全世界で四億人以上が利用しているコミュニケーションツールです。
メールなどと違い、同じ画面上でリアルタイムにやり取りが出来る上に複数人でのやり取りも可能なため現在存在しているツールの中では突出して利用頻度が高いと言えます。利用料も基本的には無料ですし、通話に関しても無料で利用できるためスマホの普及に合わせるように学生などの若い世代から爆発的に利用者が増え、現在ではお年寄りの人まで利用する巨大なツールに成長しました。業務での利用を行っている会社もあるみたいで、個人のみならず仕事のツールとしてもその存在感をどんどん大きくしています。
文字ではなくスタンプと呼ばれる絵文字一つで感情を表すこともできますし、グループと呼ばれる複数人で使用する機能を利用すれば、他人には一切なにも知られることなくグループ内だけでのやり取りも可能です。会社の会議などでこのグループを利用しているとゆう話も最近はよく耳にするようになりました。
LINEゲームやLINEカメラなどの機能も強化しており、今やLINE無しの生活は考えられないと言う人も多くなっています。
便利なツールは非常にメリットが大きいわけですが、反してデメリットも存在していることを忘れてはいけません。
利用者が多くなればそれに伴いLINEを利用した犯罪や詐欺なども一気に増え、先日はLINEのID乗っ取り被害が全国で多発し、警察も捜査を始めました。若者が出会いの場として使用することも多くなりつつあり、出会い系としての側面も見せてきています。
出会いなどの事例に対しては、セキュリティや利用者の年齢制限をかなり強化して出会いの抑制や犯罪防止を行ってはいますが、必ずどこかに抜け道が存在していますのでなかなか効果が出ていないのが現状です。
利用者一人一人がモラルを持って利用しないと、もしかしたらLINEは危険なツールとゆう烙印を押されてしまうかもしれません。
便利なツールなのですから、正しい利用方法で楽しく利用すればコミュニケーションを取るためのサポートになってくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>